創刊者・平良敬一逝去のお知らせ

 2020年4月29日、本誌創刊者・平良敬一氏が逝去しました。
 1975年創刊以来「住宅」と「建築」に愛情を注ぎ、建築家、写真家、職人には優しく、厳しい目を向けて参りました。創刊から100号編集長を務め、立松久昌(故人)、植久哲男が後を継いだ後、2006年に再度編集長を務めることになったリニューアル第1号の特集は「宮脇檀のモダニズム」。次号で「石井修から竹原義二へ」その後は「林昌子」「阿部勤・吉村篤一」「内藤廣の風景論」「堀部安嗣」「永田昌民」「難波和彦」「横内敏人」「木原千利」「益子義弘」「清家清」と数々の建築家の建築哲学を紐解いていきました。建築の形よりは哲学を重視し、なぜつくるのか、それを問うていたように思います。

 2010年に隔月刊になってからは、編集部も2人体制に縮小し、平良さんはいろいろな事情も重なり、仙台の息子さんのところに引っ越しをしました。2月の末にお見舞いに行った時には話をすることもできて、その後退院できたと聞き、安心していたのですが……。病には勝てずに逝ってしまいました。
 創刊から45年いろいろな方々と共に雑誌を編んできました。また、本を手にしていただいた皆様に、心から感謝申し上げます。
 お酒が好きで、可愛い女性が好きで、議論が好きで、建築が好きで。今頃は先に逝った立松久昌さん、高須賀晋さん、永田昌民さん、鈴木喜一さん、大橋富夫さん、村井修さん、末吉英三さん達と喧々諤々、宴の最中かもしれません。

 どうか安らかにお眠りください。
 また会う日まで。

編集部
(*コロナウイルス感染防止のため、葬儀は仙台の家族のみで行いました。)

No.483『住宅建築』 2020 年10月号

[特集]住まいのディテール
 ディテールの原点は、風雨から建築を守り、住まい手が使いやすいような工夫をすること、つまり技術だが、それを美しく見せることも、建築が使い手に長く愛され住まい続けられていくための、ある種の技術とも言えるだろう。また、詳細図は住まいを職人と共につくりあげていくための重要な伝達手段でもある。
 住まいのどの部分をとくに重視するのか、どのような納まりか、意匠かなど、建築家によって捉え方や表現は多種多様で、ディテールには建築家の個性が現われる。特集では、吉田五十八やアントニン・レーモンドをはじめとする8組の建築家の住まいを、ディテールという視点から見つめ直す。