[特集]受け継がれるシステムとデザイン 『住宅建築』No.488 2021年8月号

 増沢洵の「最小限住居・ 自邸」(1952年)をはじめ、限られた予算、土地、材料のなかでつくられた戦後の住宅。それらのなかには、暮らしの変化に合わせて改修されたり、別の住まい手に住み継がれたりしながら、大事に使い続けられているものもある。また、それらはコストを抑えるために合理的なシステムの開発や規格化が目指されたが、そうしたなかにも建築家独自のデザインや美しさを感じとることができ、それが時代を超えて愛され続けている理由の一つと言えるのではないだろうか。

 今回の特集では、システム・構法をテーマに、現代の建築として野沢正光建築工房、木村松本建築設事務所の作品を、戦後建築として池辺陽と増沢洵の1950年代の作品を紹介する。スケールやディテールなど、4組の設計者がこだわった「デザイン」はどこにあるのか。また戦後建築はどのように現代に受け継がれ、今後どのような方向へ向かうのか。住まいのこれからを考える。(写真=傍島利浩)

 

30年の暮らしを映す鉄骨造の住まい
「相模原の住宅」 設計=野沢正光建築工房

写真=傍島利浩

自宅の30 文=野沢正光

豊かな森の中に建つ異なる架構の住まいと工房
「益子の住宅+細工場」 設計=野沢正光建築工房

写真=傍島利浩

既存の骨格を生かしながら、多様な場をつくる
「飯能の住宅の改修」 設計=野沢正光建築工房

写真=傍島利浩

庭の記憶を繋ぐ住まい
「城陽の住宅」 設計=野沢正光建築工房

写真=白谷賢

ト型フレームがつくり出すふたつの場
「house A / shop B」 設計=木村松本建築設計事務所/木村吉成+松本尚子

写真=大竹央祐

あり続ける強さと使い続けられるしなやかさ 文=木村吉成+松本尚子

歩道と一体となって街並みを耕す
house S / shop B」 設計=木村松本建築設計事務所/木村吉成+松本尚子

写真=市川靖史

冬に備える地域の生活風景に学ぶ
house M 設計=木村松本建築設計事務所/木村吉成+松本尚子

写真=市川靖史

職・住が混在する透明な木造
house T / salon T 設計=木村松本建築設計事務所/木村吉成+松本尚子

写真=増田好郎

ダイナミックな片流れ屋根の住まい
「最小限住宅 No.32 設計=池辺陽 改修設計=SUGA ATELIER/スガショウタロウ

写真=河合止揚

池辺陽の建築の今 文=スガショウタロウ

談話・わたしの小さなピアノ小屋 伊藤喜久

池辺陽の思想が息づく光の空間
「国分寺教会」 設計=池辺陽

写真=傍島利浩

武蔵野の高台に残る池辺陽の思想風景 文=山﨑鯛介


経済性と明快な美しさを追求した3間角の住まい

「最小限住居 自邸」 設計=増沢洵

写真=平山忠治

自邸の経験から生まれた「コア」と「シェルター」
「コアのあるH氏の住まい」 設計=増沢洵

写真=藤塚光政