最新号

隔月誌 住宅建築最新号に関する情報はこちら

[シリーズ]登録有形文化財のこれから 第3回 縁側カフェ 昭和の家

東京都足立区に残る昭和の家を取り上げます。建主の平田氏は工場を経営していたことから、大勢の人が集まる場として30畳もの広間が設けられ、打ち合わせスペースとして洋館もつくられました。広間に面して長い縁側があり、当時の職人の […]

[特集]コンクリートの未来 『住宅建築』No.482 2020年8月号

これまで、コンクリートの中性化はRC造の寿命の指標とされ、50、60年で老朽化すると考えられてきましたが、近年の研究によって、その見方も変わってきています。コンクリート造が100年、200年と建ち続けることができ、魅力的 […]

No.482 『住宅建築』 2020 年8月号

No.482 『住宅建築』 2020 年 8 月号 6 月 19 日発売 2,400 円 + 税 特集 コンクリートの未来 持続可能性が求められるいま、コンクリートの未来を考える。 -目次- 特集 コンクリートの未来 コ […]