おすすめ

最新号
No.480 『住宅建築』 2020 年4月号New!!

No.480 『住宅建築』 2020 年4 月号 2 月19 日発売 2,400 円 + 税 特集 骨格とディテール シンプルで美しいかたち( =骨格) とそれを支えるディテール。 時代を超えて受け継がれる普遍的な建築を […]

続きを読む

最近の投稿

[特集] 骨格とディテール 『住宅建築』No.480 2020年4月号

建築家・高須賀晋(2010 年没)が手掛けた住まいには、時代を経ても変わらない美しさがある。高須賀さんのシンプルで美しいデザインを支えるのがディテールだ。納まりだけでなく、細部の寸法関係、素材や仕上げも含めてがディテールであり、それらが建築全体に影響を与える。特集では、高須賀さんの言葉と作品、詳細図を掲載。

No.479 『住宅建築』 2020 年2 月号

[特集]屋根再考  屋根から建築を考えることが、いまどれくらいあるだろうか。屋根は薄く軽く、という認識は新建材の発達とともに近代以降の潮流となった。一方で茅葺きや瓦葺きが使われることは少なくなり、手間やお金がかかる、壊れやすい、そうしたイメージがつきまとうようになった。しかし本当だろうか? 白川郷の合掌造りや奈良の寺の佇まい、島根の赤い石州瓦の家並みを見て美しいと感じる人は少なくないはずだ。「屋根」は魅力的な風景を生み出すだけではなく、住まいを守り、人々の暮らしを守り、豊かな文化をつくってきた。この特集では、茅葺きと瓦葺きがつくる風景の魅力、性能の魅力を改めて紹介するとともに、その屋根の下にある豊かな暮らしを見つめ、「屋根」の役割を再考する。

[特集] 屋根再考 『住宅建築』No.479 2020年2月号

[特集]屋根再考 屋根から建築を考えることが、いまどれくらいあるだろうか。屋根は薄く軽く、という認識は新建材の発達とともに近代以降の潮流となった。一方で茅葺きや瓦葺きが使われることは少なくなり、手間やお金がかかる、壊れやすい、そうしたイメージがつきまとうようになった。しかし本当だろうか? 白川郷の合掌造りや奈良の寺の佇まい、島根の赤い石州瓦の家並みを見て美しいと感じる人は少なくないはずだ。「屋根」は魅力的な風景を生み出すだけではなく、住まいを守り、人々の暮らしを守り、豊かな文化をつくってきた。この特集では、茅葺きと瓦葺きがつくる風景の魅力、性能の魅力を改めて紹介するとともに、その屋根の下にある豊かな暮らしを見つめ、「屋根」の役割を再考する。

[シリーズ] 登録有形文化財のこれから『住宅建築』No.479 2020年2月号

[シリーズ] 登録有形文化財のこれから 今回から新しく始まった新シリーズでは、登録有形文化財の活用事例を紹介する。第一回は広島県福山市に建つ旧信岡家。38mもある長屋門が再生され、地域のミュージアムとして生まれ変わった。建築的な価値が認められ文化財として登録されても、維持管理が難しくなり壊されてしまう建物も少なくない。建物そのものを残すということだけではなく、現代の用途に合わせて生きた建築として活用していくことが求められている。

バックナンバー

No.478(2019年12月号)

住宅建築 No.478(2019年12月号)

【特集】 住まい塾の家に住まう
高橋修一氏が率いる「住まい塾」とは、建築家、職人・施工者、建主が、共感と信頼をベースに...

詳しくはこちら

No.477(2019年10月号)

住宅建築 No.477(2019年10月号)

【特集】集まって住む―緑の風景をつくる
竣工から34年目を迎えた「ゆりが丘ビレッジ」。建築と緑が一体となった力強い風景が生み出されている。各住戸には...

詳しくはこちら

No.476(2019年08月号)

住宅建築 No.476(2019年08月号)

ここを残したい、ここに住みたいという住まい手の強い想いによって、その建物は残されることとなる。今回紹介する7作品は、建築家がその想いに応えた真摯な取り組み...

詳しくはこちら

次号予告

住宅建築 No.481 2020 年6 月号
2020 年4 月17 日発売

[ 特集]
田中敏溥の仕事
「岡山の家」
「鎌倉山の家」
「北国分の家」
「村上の家」
「秋田の町屋」

[ 特別記事]
追悼 長谷川堯さん/アトリエ・ガウディ/バワ建築の源泉を探る

PAGE TOP
MENU