[特集] 骨格とディテール 『住宅建築』No.480 2020年4月号

木、木肌、木組 — —それを生かしたシンプルな木造建築は、デザインの視点が選択的に建築要素を取捨し、新しい統一したイメージを結びやすくする。つくるものにとっても、住むものにとっても、シンプルはかえって多産である。——高須賀晋「( シンプルと〈いき〉と」より)

建築家・高須賀晋(2010 年没)が手掛けた住まいには、時代を経ても変わらない美しさがある。高須賀さんのシンプルで美しいデザインを支えるのがディテールだ。納まりだけでなく、細部の寸法関係、素材や仕上げも含めてがディテールであり、それらが建築全体に影響を与える。特集では、高須賀さんの言葉と作品、詳細図を掲載。合わせて、シンプルさと美しさを有する、現代の建築家による住宅7 軒を紹介する。


写真=畑亮

シンプルと〈いき〉と  論=高須賀晋

伸びやかな平屋建が生む普遍的な美
茂原の家Ⅲ  設計=高須賀晋

写真=畑亮

わたしの手法  論=高須賀晋

高須賀晋詳細図集

3 つの屋根が連なる河畔の住まい
和泉の家

設計= TORU SHIMOKAWA architects
写真=八代写真事務所

骨太な構造体とディテールをもつおおらかな住まい
木組みの舎  設計=前田建築設計室/前田真佑

写真=笹倉洋平

厳しい自然環境と向き合うたしかなかたち
勝浦の家 設計=唯島友亮建築設計舎

写真=傍島利浩

住宅と事務所を繋ぐ反屋外空間
水戸の家  設計=岩瀬卓也建築設計事務所

写真=垂見孔士

陶芸の町のケヤキとサクラを愛でる住まい
笠間の家  設計=岩瀬卓也建築設計事務所

写真=垂見孔士

回廊で母屋と緩やかに繋がるハナレ
広陵の家  設計=吉村理建築設計事務所

写真=笹倉洋平

山間の集落に佇む 深く大らかな屋根
八百津のいえ  設計=赤座建築デザイン事務所/赤座伸武

写真=白谷賢