1. HOME
  2. 記事
  3. 最新号
  4. [連載]小さな町の可能性──流域に生きる 全体監修=かめ設計室

[連載]小さな町の可能性──流域に生きる 全体監修=かめ設計室

 人口967人(2021101日)の小さな町、山梨県・早川町での取り組みを軸に、山村の生活文化を紹介してきた連載の最終回は、縄文時代から現代まで日本人と深い関わりをもつ「ブナ」がテーマです。〈食〉研究工房主宰・パテ屋主人であり、ブナ帯文化の魅力と奥深さを発信し続けている林のり子さん、早川町でおすくに・月夜見山荘を営む鞍打佳子さん、大輔さんを迎えて、日本の基層文化といえるブナ帯文化と早川町の取り組みから、小さな町の可能性について語り合っていただきました。(イラスト=鞍打大輔)

座談 豊かなブナ帯で楽しく暮らす
鞍打佳子・鞍打大輔・羽渕雅己・山田晶子・林のり子

循環する世界を思考する 文=羽渕雅己

 

関連記事