[第1特集]みどりへのまなざし——瀧光夫の仕事  『住宅建築』No.484 2020年12月号

「“みどり”は、植物も含めた、快適で美しい外部空間(心地好いオープンスペース)のことであり、デザインされた快適なオープンスペースの総称が“みどり”だと思います」──瀧光夫(『JAPAN LANDSCAPE』1993年2月号でのインタビューより)

植物園や公園施設などをはじめ、数多くの建築を設計した瀧光夫さん(2016年没)。各地には数多くの作品が残されており、地域の安らぎの場として親しまれています。今回の特集では、そのうち自邸を含む5つの作品を、瀧さんの膨大なスケッチや言葉と共に紹介します。また生前、瀧さんと交流のあった宮城俊作さん、髙砂正弘さんにお話をうかがいました。
ウイルスとの共存や人口減少の時代へ向かう今、建築のあり方を見つめ直し、いかに豊かな「間」を創造できるかが求められています。瀧さんが向けたみどりへのまなざしは、模索を続ける今の私たちの手がかりとなることでしょう。

(上写真2点=松村芳治)

 

『建築と緑』 文=瀧光夫

建築と緑の融合、瀧建築の原点
「愛知県緑化センター」 設計=瀧光夫  造園=中村一

写真=市川靖史

写真=市川靖史

都市にうるおいを与える緑のオープンスペース
「大阪府服部緑地都市緑化植物園 花と緑の相談所」 設計=瀧光夫

写真=市川靖史

生駒山系の豊かな自然環境を活かしたくつろぎの場
「シャープ労働組合研修レクリエーションセンター アイ・アイ・ランド」 設計=瀧光夫

写真=市川靖史

土地の記憶を受け継ぎ、新しい風景を創る
「古今伝授の里フィールドミュージアム」 設計=瀧光夫

右写真=松村芳治、左写真=市川靖史

瀧光夫の言葉

インタビュー・瀧光夫が目指した「みどり」の空間  宮城俊作・髙砂正弘 聞き手=松隈洋

写真=松村芳治

瀧光夫が求めたもの
──緑と建築の対話的思考をめぐって 文=松隈洋