1. HOME
  2. 記事
  3. 最新号
  4. [特集]地形を編む 『住宅建築』No.490 2021年12月号

[特集]地形を編む 『住宅建築』No.490 2021年12月号

 傾斜地や高低差のある敷地など、変形地に建つ住宅を紹介します。平坦でない地形を、難点ではなく、魅力としてどのように生かし、かたちにするか。設計者の腕の見せどころでもあり、造園家をはじめ職人との協働によってその可能性は拡がります。地形に寄り添うように建つ住まいは、土地に馴染み、地域の新しい風景となっています。(写真=笹倉洋平)

地形と響き合う軸庭と住まい
yo house 設計=倉橋友行建築設計室

写真=笹倉洋平

連なりとしての建築 文=倉橋友行

暮しの風景を受け継ぐ住まい
hoi house 設計=倉橋友行建築設計室

写真=笹倉洋平

緑豊かな住宅地に建つスキップフロアの住まい
多治見の住居 設計=ほとり建築事務所/加賀隆徳+小川国寿

写真=笹倉洋平

ひな壇状の地勢と里山風景を生かす軒下空間
h25a 設計=アオイデザイン/青山茂生+隅谷維子

写真=園田賢史

丘の南北を繋ぎ、地形を取り込む
Sou 設計=
atelier thu/坪井飛鳥+細貝貴宏+上田哲史

写真=白谷賢

屋根と大地が繋がる住まい
大屋根の棲家 設計=
松山建築設計室/松山将勝

写真=八代写真事務所

自然と一体化した新たな山の風景をつくる
石積み壁の家 設計=横内敏人建築設計事務所

写真=白谷賢

 

 

関連記事