1. HOME
  2. 記事
  3. 最新号
  4. [特集]極小空間の醍醐味 『住宅建築』No.497 2023年2月号

[特集]極小空間の醍醐味 『住宅建築』No.497 2023年2月号

DIYで小さな家を建てたり、書斎として小屋を設けたり、在宅ワークや移住など暮らし方の変化に伴って、「小さな空間」への注目が高まっている。実際に手を動かしてつくることの楽しさが味わえること、解体・移築が容易なこともその理由だろう。日本建築史意匠を専門とする松崎照明氏によれば、元来、日本では山修行のための行者の庵や鴨長明の方丈庵、茶室など、小さな建築が重要な役割を果たしてきた。また名建築として知られる千利休の「待庵」や、コルビュジエの「カップ・マルタンの休暇小屋」をはじめ、小さな空間には設計者の創意工夫が凝縮され、自然の要素を取り込んだ豊かさがある。特集では、現代の極小空間7題を紹介する。また、ジャン・プルーヴェも多数の小屋を手がけたが、2022年秋に開催され、BCC組立式住宅の実物展示などで話題となった「ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで」(東京都現代美術館)の山名善之氏によるレポートも掲載する。

小さな家の思想 文=松崎照明

園児が初めて体験する日本建築
樹上の待庵  設計=すわ製作所/眞田大輔・西寿隆

写真=渡辺悟

和束町の茶畑で茶をたしなむ
組み立て茶室  設計=すわ製作所/眞田大輔・西寿隆・早川太史

写真=すわ製作所

2畳の茶室で非日常を楽しむ
勝福寺正庵  設計=大角雄三設計室

写真=佐野晃一/大角雄三設計室

仲間が集い、海景に漕ぎ出す小船
SEA SCAPE CABIN  設計=トシプランニング/渡邊俊雄

写真=タケマサアトリエ

ローコストで静謐な空間をつくる
Sauna H
tte 設計=うがつ/藤木慶一

写真=市川靖史

地域材を使い、地域の職人と共につくる
KOYA  設計=環境デザインワークス/清水裕且

写真=白谷賢

中庭の景色を取り込んで、伸びやかに暮らす
BARN 8  設計=吉本剛建築研究室

写真=笹倉洋平

展覧会レポート 東京現代美術館
「ジャン・プル―ヴェ展ー椅子から建築まで」
Constructive Imaginationの共振の輪の拡がり  文=山名義之

写真=永井杏奈

 

関連記事