[特集]田中敏溥の仕事——コミュニティを育む家づくり 『住宅建築』No.481 2020年6月号

町並みや環境、その地域で暮らす人同士のコミュニティを大切にしながら住宅設計を行う田中敏溥さん。田中さんが各地で手掛けた住まいは、田園の風景や緑豊かな環境、静かな住宅街のなかに馴染み、地域との繋がりを生み出す細やかな工夫がされています。
「爽やかで穏やかな繋がりを感じられる町をつくってゆきたい」。と田中さんは綴っています。そうしたゆるやかなコミュニティを育む家づくりこそ、これからの地域や都市に必要とされることではないでしょうか。

「小さな町」……ある日の夢 文・スケッチ=田中敏溥

北窓から季節折々の景色を楽しむ
村上の家 設計=田中敏溥建築設計事務所

写真=垂見孔士

写真=垂見孔士

道路側に連なる薪棚が穏やかに境界をつくる
北国分の家 設計=田中敏溥建築設計事務所

写真=垂見孔士

写真=垂見孔士

瀬戸内海の風を感じる住まい
岡山の家 設計=田中敏溥建築設計事務所

写真=垂見孔士

自由度の高いトンネル
秋田の町屋 設計=田中敏溥建築設計事務所

写真=垂見孔士

傾斜地に建つ借景の住まい
鎌倉山の家 設計=田中敏溥建築設計事務所

写真=垂見孔士

写真=垂見孔士

本体2,400円+税 購入はこちらから

No.482『住宅建築』 2020 年8月号

[特集]コンクリートの未来
これまで、コンクリートの中性化はRC造の寿命の指標とされ、50、60年で老朽化すると考えられてきましたが、近年の研究によって、その見方も変わってきています。コンクリート造が100年、200年と建ち続けることができ、魅力的な経年変化をしてゆけば、その建築の価値は高まり未来に受け継がれていく可能性も高まるでしょう。今後RC造の改修が増えていくことも予想され、コンクリートのこれからを考えていく必要があります。
特集では、竣工から年月を経たコンクリートの住まいやその改修、他素材との併用、コンクリートのもつ質感の魅力を追求した住まいなど、コンクリートの可能性を示す6つの住まいを紹介します。また、コンクリートがれきと植物でつくる新素材について東京大学生産技術研究所・酒井雄也先生に、コンクリートの中性化と寿命について東京理科大学・今本啓一先生に解説していただきました。