No.483 『住宅建築』 2020 年10月号

本体2,400円+税 購入はこちらから

No.483 『住宅建築』
2020 年 10 月号
8 月 19 日発売
2,400 円 + 税

特集 住まいのディテール
建築家による多種多様なディテールから、その意味を改めて考える。

-目次-
特集
住まいのディテール

吉田五十八──住宅の美学
「猪股邸」 設計=吉田五十八研究室
文・解説=野村加根夫

武藤章──心地よさを生むディテール
「吉祥寺の家」 設計=武藤章研究室
住宅のディテール 文=武藤章

アントニン・レーモンド──住空間の骨格と家具
「軽井沢新スタジオ」 設計=アントニン・レーモンド
アントニン・レーモンドのこと 文=北澤興一

益子義弘──住まいの確かな「場」を求めて
「箱根の家」 設計=益子アトリエ/益子義弘
ディテール考 文=益子義弘

大野正博──ディテールの標準化
「台の家」 設計=DON工房/大野正博
DETAIL 文=大野正博

部分詳細図集

屋根・壁廻り
オークヴィレッジ木造建築研究所

台所廻り
アンドウ・アトリエ/安藤和浩+田野恵利

枠廻り
唯島友亮建築設計舎

特別記事
青焼きの終焉──手描き図面に込めた想い

君の机の身の回りにある道具、それが、君の世界観だ 文=羽渕雅己

青写真 文=阿部勤

手描き図面と黒焼き 文=齊藤祐子

実測図における青焼き──アナログ賛歌── 文=金澤良春

講演会レポート
茅葺きが繋ぐ、生き物の輪と里山文化 安藤邦廣

書評
評者=鞍田崇
三谷龍二 著 『工芸三都物語──遠くの町と手としごと』(アノニマ・スタジオ 2009年)

イベント・ニュース

No.483『住宅建築』 2020 年10月号

[特集]住まいのディテール
 ディテールの原点は、風雨から建築を守り、住まい手が使いやすいような工夫をすること、つまり技術だが、それを美しく見せることも、建築が使い手に長く愛され住まい続けられていくための、ある種の技術とも言えるだろう。また、詳細図は住まいを職人と共につくりあげていくための重要な伝達手段でもある。
 住まいのどの部分をとくに重視するのか、どのような納まりか、意匠かなど、建築家によって捉え方や表現は多種多様で、ディテールには建築家の個性が現われる。特集では、吉田五十八やアントニン・レーモンドをはじめとする8組の建築家の住まいを、ディテールという視点から見つめ直す。