[特別記事]地域と建築––––暮らしの風景を紡ぐ 能登・大呑の地域づくり

2011年に世界農業遺産の認定を受けた「能登の里山里海」。能登の玄関口となる、大呑(おおのみ)という地域は、富山湾を一望でき棚田の広がる美しい地域です。一方で過疎化・高齢化が進んでいます。美しい生活風景と、地元の素材・食材の魅力を伝えられる場所をつくり、地域の人と訪れる人を繋ごうと、石川県七尾市を拠点に活動する建築家の岡田翔太郎さんが参加し、大呑の地域づくりプロジェクトが始まりました。地域本来の魅力を、地域の人と共に考え、つくっていく。これからの地域づくり・地域観光に求められていることではないでしょうか。

能登の里山里海 文=岡田翔太郎

画家のアトリエを能登の自然を満喫できる宿に再生
「游心庵」 設計=岡田翔太郎建築デザイン事務所 、

地産地消の食事を楽しむ
「粋な屋 坂本」 設計=岡田翔太郎建築デザイン事務所

写真=山田康太