1. HOME
  2. 記事
  3. 最新号
  4. [シリーズ]地域と建築 長野県小川村──新しく懐かしい風景を創る No.493 2022年6月号

[シリーズ]地域と建築 長野県小川村──新しく懐かしい風景を創る No.493 2022年6月号

地域に根差し、地域の人たちと関わりをもちながら、まちと共に育まれていくような建築を紹介する新シリーズ「地域と建築」。初回は長野県小川村の「土間の家」です。神奈川県から移住されたご夫婦の住居として、また、暮らしの道具をつくる工房、店舗、カフェ、宿泊施設などの場所として小さな集落のなかに新築されました。設計者と、建主のセルフリノベーション 、そして熟練の大工によって建てられた住まいは、民家のような佇まいで新しくも懐かしさを感じさせます。移住のきっかけや自主施工のこと、集落の方たちとの関わり、これからの目標などについて、建主であり施工者でもあるご夫妻にお話をうかがいました。(写真=畑拓)

設計者・建主・大工が一体となって建てた北アルプスを望む住まい
土間の家 設計=S/A 坂利春建築研究所

関連記事