[特集]伝統美とモダンの融合 木原千利の仕事 『住宅建築』No.486 2021年4月号

日本の風土・伝統に根差し、職人の技を大事にしながら、モダンで優美な住まいをつくり続けている建築家・木原千利さんを特集します。粘土模型から全体のボリュームやプロポーションを決めることから始まり、細部は詳細図面を描き検討し、素材を吟味し、そして職人とのやりとりを重ねて、美しい住まいがつくられています。特集では、スケッチや詳細図も多数掲載し、3軒の住まいを紹介します。

変わらぬ私の設計作法 文=木原千利

写真=松村芳治

日本の伝統が感じられるコンクリートの住まい
「クレインハウス」 設計=木原千利設計工房

写真=松村芳治

伝統美を纏う端正な佇まい
「蓮真居」 設計=木原千利設計工房

写真=松村芳治

親から子へ、住み継ぐための改修
「大和高田の家」 設計=木原千利設計工房

写真=松村芳治