[シリーズ] 森と人と建築と 第14回 稲本正の今 電子と伝統の森から (企画・監修=落合俊也)『住宅建築』No.480 2020年4月号

生態系に建築のレイヤーを 文=落合俊也
INTERVIEW WITH Virpi(「フランツィラの森」11代目農園主 )

1974 年にオークヴィレッジを設立し、飛騨高山を拠点に「お碗から建物まで」を掲げ、木を用いたものづくりを続けてきた稲本正さん。近年は日本の木を使ったアロマを開発するなど活動の幅を広げているが、その活動には常に「森」との関わりがある。若い頃に物理学者を目指したという稲本さんがなぜ木を使ったものづくりを始めたのか。なぜ森の「香り」に注目したのか。落合さんが豊かな森の中の工芸村・オークヴィレッジを訪ねた。

インタビュー アロマで人と森を結ぶ
稲本正×落合俊也

本体2,400円+税 購入はこちらから

目次へ戻る

No.483『住宅建築』 2020 年10月号

[特集]住まいのディテール
 ディテールの原点は、風雨から建築を守り、住まい手が使いやすいような工夫をすること、つまり技術だが、それを美しく見せることも、建築が使い手に長く愛され住まい続けられていくための、ある種の技術とも言えるだろう。また、詳細図は住まいを職人と共につくりあげていくための重要な伝達手段でもある。
 住まいのどの部分をとくに重視するのか、どのような納まりか、意匠かなど、建築家によって捉え方や表現は多種多様で、ディテールには建築家の個性が現われる。特集では、吉田五十八やアントニン・レーモンドをはじめとする8組の建築家の住まいを、ディテールという視点から見つめ直す。